ファイナンシャルプランナー講座で学ぶビジネス

ビジネスのために学ぶファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーのWeb講座

Web講座 ファイナンシャルプランナーは「家計のホームドクター」とも呼ばれる、個人のお金に関する専門家です。ファイナンシャルプランナーはライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続・事業承継という生活に密着したお金に関する知識を習得したという資格ですので、すでに務めている場合でも、様々な場面で役に立ちます。
その結果、社内での昇格などにも優位に働きます。就職する際にも強みのある資格です。自分自身の生活にも役立ちます。 ファイナンシャルプランナーには国家資格である「FP技能士」と民間資格である「AFP,CFP」があります。
FP技能士には資格に有効期限がなく、AFP,CFPには有効期限があります。初めて目指すならFP技能士2級がお勧めです。FP技能士2級を受験するには受験資格があります。資格のうちのひとつが「日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者」というものです。
日本FP協会に認定された講座を修了すれば、保有資格・実務経験がなくても受験できるということです。ファイナンシャルプランナーの資格取得を目指す通信講座はたくさんあり、Web上で学ぶことが可能ですが、その際、日本FP協会に認定された講座であることを確認することが大切です。

ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座

通信教育・通信講座 家計のスペシャリストとも言えるファイナンシャルプランナー(FP)にはいくつかの種類があります。最も知られているのが国家検定のFP技能士の資格で、FP技能士は1~3級があります。一般的に、資格を仕事で生かすためには2級以上が必要といわれています。
このほか日本FP協会が認定するCFP資格、AFP資格もあります。 ファイナンシャルプランナーの通信講座・通信教育には料金も内容も様々な種類があります。
講座・教育を選ぶ際には料金の安いものに目が行ってしまいがちですが、目標はあくまでも資格取得です。料金ばかりにとらわれず、内容がきちんとしたものであるかどうかを見極めることが大切です。
サイトを閲覧するだけでなく、何ヶ所かの通信講座に資料を請求し、内容をじっくりと比較検討しましょう。ポイントは近年の出題傾向が網羅されていること、講義を収録したDVDなどのメディアが付属していること、疑問に思ったことを質問できるサポート体制が整っていることです。