ファイナンシャルプランナー講座で学ぶビジネス

資格にはランクがある?

資格にはランクがある?

資格にはランクがある? ファイナンシャルプランナーの資格にはランクがあります。1級~3級FP技能士という3段階にわかれています。当然ですが1級が一番難しいです。ファイナンシャルプランナー技能士は国家資格です。民間資格のほうではAFP、CFPの2種類があり、AFPのほうが易しいです。
国家資格のほうが難易度が高いというイメージを持っている人もいますが、必ずしもそうではありません。この中では3級FP技能士が最も難易度が低いです。2級FP技能士とAFPは同じくらいの難易度です。FP技能士の資格に期限などはなく、一度取得をしたら一生有効となります。転職のために履歴書に書くなら2級FP技能士の取得がおすすめです。3級の合格率が50%程度なのに対して、2級は20%程度とかなり難しいです。しかしそれだけに、持っているとアピールポイントとなります。2級を受けるためには一定の条件をクリアしている必要があります。条件をクリアしていない場合にはまずは3級を取得しましょう。

資格をとるために必要な努力

資格をとるために必要な努力 ファイナンシャルプランナーは金融に関連する資格です。金融と聞くとなんだか難しそうと感じる人もいるかもしれません。
しかし生きていく上で必ず関わってくるものの一つがお金です。割と身近なものなので、そう考えれば勉強もスムーズに進むのではないでしょうか。確かにある程度の努力は必要です。事前知識によって勉強時間も人によって変わってきます。コツコツと勉強を続けていくことが大切です。
ファイナンシャルプランナーの勉強を継続していくためには、楽しみながら勉強していくのがおすすめです。割と生活に関連してくるものも多いので、話を自分に置き換えてみながら学ぶと良いかもしれません。気になるのが就職ですが、直接就職につながるということはあまりないようです。全く必要ないというわけではなく、資格を持っていれば知識があることの証明としてアピールできます。
そのほか、今までの経験などと合わせてアピールすると良いかもしれません。他の関連する資格を取ってみるというのも良いでしょう。