ファイナンシャルプランナー講座で学ぶビジネス

ビジネスのために学ぶファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー講座を勉強するメリット

ファイナンシャルプランナー講座を勉強するメリット ファイナンシャルプランナー講座で勉強をすることで、幅広い知識を得ることができます。実際に活躍している講師などの話を聞くことで、生きた知識として身に着けることができるでしょう。
それを使って試験に合格すれば、ファイナンシャルプランナーとして名乗ることができ、知識を今の仕事に活かすこともできますし、独立してプランナーという形で活躍することもできるでしょう。将来の道が広がるものといえます。
そのうえ、ファイナンシャルプランナーの知識というものは日常生活の中で役立てることもできます。
自分自身のライフプランを考え、金銭管理をしていくというときに基本的な知識がそなわっていると、正しい選択をしやすくなります。
家を建てる、保険を選ぶなど、人生の中で訪れる大きな選択の際に役立ってくれるでしょう。
仕事で生かすかどうかにかかわらず、自分の将来に活かすことができるものとして、講座でしっかり勉強をしておくとよいでしょう。

ファイナンシャルプランナーになる難易度とは

ファイナンシャルプランナーになる難易度とは ファイナンシャルプランナーは3級と2級があり、難易度はそれぞれ異なります。3級は入門編みたいなものですから、割りと易しい部類に入ります。
受験する方は社会人か主婦まで幅広く様々な職業の方が受けています。試験の合格率はだいたい50%から70%くらいなので、独学でも合格することができます。
2級を目指している方はまずファイナンシャルプランナーの試験がどんなものなのか腕試しできます。
2級となりますと、合格率は30%から40%くらいになります。それでも他の国家資格の試験にくらべる高めなので、対策をしっかりとり試験勉強をすれば初めての方でも十分合格できます。
試験に合格するには学科、実技ともに6割以上得点できれば合格できます。受験者の数により、基準が変動することはありせん。
問題もひっかけ問題を多く出題し、いわゆる落とす為の試験ではないので、過去問や参考書で学習すれば合格できます。
ファイナンシャルプランナーは実用的な資格ですので、挑戦してみるとよいでしょう。